手直しって大変です。

今日は昨日の続きです。

建売り住宅の場合は家の中の事に気を取られて外構の事までは中々気が回らない事が多いですね。

今回のお客様の外構は写真の通り御影のピンコロを入り口にはって豪華さを出していますが下地モルタルに張り付いていないんです。

当初はそれでもモルタルに付いていたとは思いますが経年劣化で接着力が落ちて剥がれてしまうんです。此処を張った職人さんは其れなりに頑張って張ったとは思うんだけれど弊社の判定では大きな手抜き工事です。先ずは下地に砕石が無く土の上に直接モルタルを塗って、それも薄いところは5mm程度で厚いところは5cm位の厚みなんです。そのモルタルの上に置いただけの所が今回ハンマーの柄で叩いただけで動いてしまうんです。

で、1枚1枚がくっついているので目地鏝も入らないので目地を押さえて無いのでピンコロが動いてしまいます。

剥がした所の清掃に入ります。
モルタル接着増強剤を塗布しています。


硅砂モルタルを目地に入れて今日の作業は終わりました。